歯を白くする方法

自信をもって笑顔になれる歯になりたくて|ホワイトニング体験談

私は32歳になる今まで歯の黄ばみをコンプレックスにして今まで生きてきました。

歯並びは問題ないのですが、歯の黄ばみは普通の人より強いらしく歯科医院でも黄ばみを取るためにホワイトニングををやってみますか?と聞かれるぐらいでした。

でも聞かれるたび気まずい思いをしながら断っていました。あまりに何度も聞かれるのでだんだん笑顔にも自信がなくなり笑うときも少しひきつってしまってるなと感じたり笑うときに相手から目を背けてしまったりしていました。

正直、本当に自信がなかったのですが、ある時転機が訪れました。

それは1年前から付き合い始めた彼です。その彼は付き合い始めてから気づいたのですがすごく歯がきれいなのです。

そのことに気づいたときに途端に恥ずかしくなりました。何とかして歯の黄ばみを取らなくてはとその時思ったのです。

彼にも○○ちゃんってあまり笑わないよねと言われたりしたのですがなかなかコンプレックスのことを言い出せませんでした。

ある時思い切って自分のコンプレックスの話をしてみたのです。彼は何か原因があるかもといい一緒に考えてくれました。

私は特にタバコも吸いませんし、コーヒーもあまり飲みません。しかしお茶系の飲料は小さいころからよく飲みます。

母からお茶は身体にいいからと言われたのでつい飲んでしまうのです。彼にはお茶の渋等がついているのではないかと言われました。

彼のきれいな歯は歯科医院でのホワイトニングのおかげらしいので、私もやってみたらどうかと言われました。

正直、歯科医院の広告はあまり信じていなかったので半信半疑でしたが、彼の後押しもあり、近場でホワイトニングを行ってくれるというところへ通うことにしました。

そこは個人ではなく何人かの歯科医師が共同でやっている歯科クリニックでした。クリニックに行くと最初に問診をされました。

歯の中を見て最初の数回は歯石を取ってきれいにする作業をやってもらいました。そうして初めてのホワイトニングです。

ホワイトニングは保険適用外なのでどの程度の範囲をやるか歯科医師に聞かれました。

本数によって値段も変わるようです。私はできるだけ見える範囲はやりたいと伝えました。12本程度の歯をホワイトンニングすれば十分じゃないかと言われたので。その範囲でお願いしました。

まずはマウスピーズのようなもの噛み薬剤に歯を浸します。そのあとライトを照射します。歯のホワイトニングを促進するためだそうです。

そのまましばらく待ちます。なんだか歯に薬剤がついているので不思議な感じがしました。

その後マウスピースを外し歯を洗浄し薬剤を落とします。そしてしっかりとうがいをして終わりです一度で大分白くなりました。

ただ2~3か月に一度ぐらいチェックして必要ならまたホワイトニングをしないとまた戻っていくと言われました。

お金はかかりますがやってよかったです。彼にも友達にもよく笑うようになったねと言われました。

自分自身でも笑顔に自信が出たと感じます。このまま定期的にクリニックに通い白い歯を維持していきたいと思います。

歯の黄ばみを取りを白くする方法|歯のホワイトニングとはトップへ戻る