歯を白くする方法

持続性が高く自然な透明感がでるホームホワイトニング|自宅で歯を白くする

家でホワイトニング

私は42歳の女性です。1年ぐらい前にホームホワイトニングを始めて現在は自然な白さを保てています。

私は子供の頃から歯並びには自信がありました。歯医者に行ってもいつも褒められていたし、歯磨きも丁寧にしていたので自分の歯はとても綺麗なのだと思っていました。

ところが、30歳を過ぎた頃、久しぶりに会った友人から「せっかく歯並びがいいのに黄色いのが残念」と言われてしまいました。

私自身あまり気にしたことがなかったのですが、それからというもの鏡を見るたびに歯の色をチェックするようになりました。

市販の歯磨きでホワイトニング成分が配合されているものを選ぶようになりましたが、目に見える効果はなくあまり磨きすぎると歯や歯茎に傷をつけてしまうという話を聞いたので、自分の力だけでは歯を白くするのは無理かもしれないと思いました。

そこで、普段通っている歯医者に行ってホワイトニングの相談をしました。

すぐに白くしたかったので、歯医者で全部やってもらえるハウスホワイトニングをやりたいと思いました。

しかし、私は知覚過敏があったので不向きだと言われました。ハウスホワイトニングは一気に白くできるぶん刺激が強いそうです。

それで、ホワイトニングキットを使って自宅でするホームホワイトニングを勧められました。

ホームホワイトニングは白くなるまでに時間がかかるけど、持続性はあると聞きました。また、いきなり白くなると違和感がありますが、徐々に白くなっていくので周りにもバレずに綺麗な歯にできるということでした。

初期費用は4万円程度で、まず上下の歯型をとってマウスピースを作りました。1週間前後で完成するので、それからは毎日自宅でそのマウスピースを使ってホワイトニングを始めます。

マウスピースの歯の表側に当たる部分にホワイトニングの薬液を歯1本当たり米粒大塗っていき、そのまま歯に装着します。

私はニッと笑った時に口からのぞく上下8本ずつをホワイトニングしました。

だいたい夕飯を食べて歯磨きをした後に始めて、2時間後に外すという感じです。

マウスピースを付けていても少々の会話はできるし、薬液が口の中に広がることもないのでテレビを見たり本を読んだりして過ごせば全く苦にはなりませんでした。

ホワイトニングとは関係ないですが、このおかげで夕飯後に無駄な飲食がなくなったのでダイエットもできて一石二鳥でした。

これを毎日欠かさず続けて、2週間に1回歯医者でチェックしてもらいました。自分では白くなっているのかどうかわかりにくいですが、色のチャートで見てもらうと段階的に確実に白くなっているのがわかって嬉しかったです。

ホワイトニング期間中は歯が着色しやすい状態になっているので、色素の強い食品は控えるようにと注意されました。

例えばお茶やコーヒー、緑黄色野菜などです。でも全く食べないわけにはいかないので、前歯にあまり当たらないように気を付けて食べていました。

ホームホワイトニングを開始してから2ヶ月で私は目標の白さにたどりつきました。芸能人ほどの白さではありませんが、子供の歯のような透明感を取り戻せました。

薬液などは初期費用で買ったキットのぶんだけで足りたので、2週間に1回の歯医者でのチェックを含めて5万円ぐらいでした。

マウスピースをとっておけば、また歯の黄ばみが気になってきたときに薬液だけ追加購入すればいつでもホワイトニングできるので便利だと思います。

私の歯を見て、会社の同僚や友人もホワイトニングを始めた人が何人かいます。ホームホワイトニングは思ったより簡単で効果にも満足できたのでやってよかったと思っています。

ホットフラッシュを抑える対策

歯の黄ばみを取りを白くする方法|歯のホワイトニングとはトップへ戻る